Vespa

Vespa Primavera

Primavera 125 ABS・Primavera 501968年に発表され、ベスパの歴史の中で、もっとも長く愛されるモデルのひとつとなった「Primavera」の名を継承。

さらに、2013年に発売し瞬く間に完売したベスパブランドの最上級モデルである「Vespa 946」のデザインエッセンスを随所に継承したモデルとなっております。

またヘルメットインスペース、フロントの小物入れなどのユーティリティも充実し、エレガントなデザインとスクーターとしての高い機能性を高次元で両立しました。

このPrimaveraは、環境性能と燃費性能が優れた125ccエンジンと、普通自動車免許でも運転が可能な50ccエンジンがお選びいただけます。

Vespa Primavera メーカーサイト
http://vespa-japan.com/primavera.html

Vespa LX 125 i-GET

Vespa LX 125 i-GETベスパのレンジで最もカジュアルなバージョンは、これまでにない唯一無二の何かを探し求める、若く、精力的なユーザーの夢を叶えます。新型ベスパLXは、革新的なi-GETエンジンテクノロジーやユーロ3排出ガス基準を含めた、素晴らしいパフォーマンスと極めて高い効率性のために内部構成を刷新しながら、エレガントでクラシックなベスパのデザインDNAを受け継いでいます。

Vespa LX 125 i-GETは、Vespaをもっとカジュアルに楽しんでいただくために生まれ変わりました。柔らかなボディラインでかつて日本でも人気を博した「LX」と同じボディに、高次元の環境性能と燃費性能を誇る最新のi-GETエンジンを搭載し、伝統的なフォルムと経済性を両立させた紛れもないVespaです。現在のラインアップにおいて、もっともコンパクトでもっとも軽量に仕上げられた車体は、通勤通学などにも最適。そんなVespa LX 125 i-GETは、年齢や性別を問わず広く多くの方に愛されるVespaファミリーのフレンドリーな一員です。

Vespa LX 125 i-GET メーカーサイト
http://vespa-japan.com/lx.html

Vespa Sprint

Vespa Sprint伝統的な角型ヘッドランプは、1963年発売のVespa GLに初めて装備されました。それ以来、この特徴的なヘッドランプは、人気を博したスポーティモデルおよびダイナミックスモデルの多くに装備されています。小型スクーターモデルのこの伝統的な形状のヘッドランプは、60年代以降、70年代、80年代、そして今日に至るまで、世界中でベスパのイメージを確立し、一世を風靡して、様々な世代の人々に強烈な印象を与え続けています。特に、ダイナミズムや個性に強い拘りを持つ、若くスポーツ好きな男性から高く評価されています。

Vespa Sprintは、その新しいスモールボディから新たな力強さと上品さを漂わせています。ピアッジオ・デザイン・センターでは、そのユニークで独特のスタイルを生み出すために、幾つかの工夫を凝らしています。車体のフロント部分では、小型スポイラーがインストルメントパネル上に設置されています。 ベスパの伝統的なデザインである、角形のヘッドランプがフロント部分を強烈に印象付けています。

Vespa Sprint メーカーサイト
http://vespa-japan.com/sprint.html

GTS SUPER

GTS SUPERベスパのもっともダイナミックな面を表現したモデルがGTS Superです。

ベスパの伝統的なイタリアンデザインに、スポーツディティールを追加したグリルやサイドのグラフィック、ダイヤモンド処理の施されたブラックのホイールや、伝統の片持ち式フロントサスペンション、そしてアナログとデジタルが融合したレッドバックライトのメーターパネル、USB給電ポートを採用しています。

GTS SUPER 150には、新しい155ccの水冷i-getエンジンを搭載し、燃焼効率を高めつつも低燃費化を実現。静かで環境に配慮したスタート&ストップ機能(アイドルリダクションシステム)が採用されています。

EURO4規制に適合したパワフルな278ccエンジン搭載のGTS SUPER 300 は、ABSとASR(トラクションコントロール)が標準装備となり、安全性を大幅に向上しています。

GTS SUPER メーカーサイト
http://vespa-japan.com/gts_super_300_150.html

SEI GIORNI

SEI GIORNI1951年のことです。Piaggio Squadra Corse は、最も過酷で最も名誉あるレースのひとつで純オフロードマシンを打ち負かし、レース界を驚かせました。戦後、アベレージラリーが全盛期を迎えます。それは数100km に渡って極めて厳しいルートが続く過酷な挑戦でした。ライダーとマシンにとって途方もない試練の舞台です。

最も名誉あるレースは、ヴァレーゼで開催された第26回 Sei Giorni Internazionale でした。

10台のベスパには、スタート時点では「レース用に設計されたマシンを相手に何を成し遂げようとしているのか?」と懐疑的な目が向けられました。しかしベスパは、スポーツバージョンからスタートしてレース用に特別に製作されたモデルで、少なくとも9 個のゴールドメダルを獲得してレースを支配しました。過酷なオフロードルートと、モンツァサーキットでの純粋なスピードトライアルで圧倒的な優位性を発揮し、その試練に勝利した唯一のイタリアンチームとして、ピアッジオにコンストラクターズゴールドメダルまでもたらしました。

その勝利から名付けられたベスパ「Sei Giorni」は、外観的にスタンダードモデルと酷似しており、大型燃料タンクと流線型になったシールド、シリンダー上のキャブレターを覆うために大型化されたサイドバッグが主な相違点でした。Sei Giorni モデルは、ベスパの歴史の中で最も伝説的な1台です。アベレージラリーに参加することが運命づけられ、世界限定で300台程度が生産されたに過ぎず、現在コレクターが探し求 める最も価値ある Vespa の 1 台となっています。

SEI GIORNI メーカーサイト
http://vespa-japan.com/seigiorni.html

Vespa PX

Vespa PXEnrico Piaggioの直観と、Corrandino D’Ascanioのエンジニアとしての才能が融合した結果、ベスパ第一号モデルが1946年に誕生しました。ベスパ第一号モデルは、スティールモノコックボディーやハンドシフト、後輪上部に配置されたエンジン、フロント部片持ちリンクアームといった斬新的な商品特徴を有しています。

ファミリー全員の移動手段にふさわしい、そして使い勝手のいいユーティリティー2輪モデルとして知られることで、ベスパは前例にないほどの大成功を収めることになります。ベスパは、イタリアンスタイル&エレガンスの強烈なシンボルとして全世界で存在感を確立することになります。

単なるスクーターではなく、イタリアンライフスタイルの象徴として、そして自分自身のライフスタイルに不可欠な道具として、ベスパはいつの時代でも求められる存在として認知されています。

Vespa PX メーカーサイト
http://vespa-japan.com/px.html

Vespa 946

Vespa 946ピアッジオグループと(RED)®のコラボレーションによって、HIV/エイズと戦う真紅に覆われたVespa 946が完成しました。このプロダクトは、致命的なウィルスとたたかう一つのシンボルとしてピアッジオに加わります。

(RED)®は、予防・治療が可能な疾患-エイズ-と戦う人類の集団的能力を実証します。2006年にミュージシャンのボノと活動家ボビー・シュライバーによってエイズ撲滅を目指して設立された(RED)®は、企業からグローバルファンドへの持続可能な資金の流れを提供し続けています。その活動は、世界に向けてHIVに対する意識を啓発し、設立以来10年間で3億6,000万ドル以上を生み出し、グローバルファンドが7,000万人以上に影響を与えました。その100%の資金がアフリカのHIV/エイズプログラムに提供されています。

Vespa 946 メーカーサイト
http://vespa-japan.com/vespa946/
エイトストローク
このページのトップへメールでお問い合わせ